菅財務相、子ども手当現物給付に理解(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は7日の記者会見で、民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する国民生活研究会が、子ども手当を平成23年度も半額に据え置く案をまとめたことについて理解を示した。菅氏は「子育てにとって現金給付もありがたいが、子供を実際に預ける保育園が足らないという声も大変多い。現物給付を考えることは、議論のあり方としては理解できる」と語った。

 民主党は昨年の衆院選マニフェストで23年度以降の満額実施(月額2万6千円)を公約していた。

【関連記事】
国から丸投げ、自治体「事実確認難しい」 子ども手当て、外国人殺到
「子ども手当て」がカギに? 進学塾“経営力”ランキング
お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱
子ども手当、自治体に外国人の問い合わせ殺到
大塚副大臣「消費税は13〜14%必要」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<巻機山>県警ヘリが5人発見、安否確認へ…新潟・群馬県境(毎日新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)
“青く見えない隣の芝生” 校庭芝生化8% 維持管理が大変/効果に疑問(産経新聞)
<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
「JAYWALK」中村被告に猶予判決(読売新聞)
[PR]
by kemrbhpqmg | 2010-05-13 03:06