衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)

 昨年8月に行われた衆院選を巡り、比例選の東京、南関東両ブロックの定数について、「小選挙区との合計議員数が人口に比例して配分されておらず、憲法違反」などとして、東京都内の弁護士らが中央選挙管理会に選挙無効(やり直し)を求めた2件の訴訟の判決が3日、1審の東京高裁であった。

 鈴木健太裁判長は「投票価値の平等を損なうとは認められない」と述べ、請求を棄却した。

 判決はまず、「小選挙区と比例選の区割りや議員数は公職選挙法で別々に定められており、両者の議員数を合計して問題を論じることはできない」と指摘。

 その上で、比例選のみの定数で比べた場合、「議員1人当たりの人口の格差は、最少の四国ブロックと比べ、東京ブロックは1・09倍、南関東ブロックも1・05倍にとどまっている」として、選挙権の平等には反しないと結論付けた。

<化石>鳥に近い恐竜?…中国で見つかる 米大など発表(毎日新聞)
東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
鳩山首相 山梨に地方行脚(毎日新聞)
太田氏の擁立撤回検討=参院比例、世代交代を意識−公明(時事通信)
<連続不審死>「セレブ生活」貯金ゼロ…木嶋容疑者(毎日新聞)
[PR]
by kemrbhpqmg | 2010-02-05 20:42